本日より公開をしたこちらの事例ですが、

 ★企業再生セミナーPR(事例その1)
  https://youtu.be/pTejZM3JkUY

まずは以下の「事案の概要」をご覧になってみて下さい。

 <業種>
  機械部品製造業

 <事業規模>
  年商2億円

 <従業員数>
  20名(パート社員含む)

 <資本金>
  1000万円

 <業績>
  29年

 <問題点>
  ・金融機関からの借入金は年商(2億円)に相当。
  ・赤字が止まらず、仕入れ債務の支払いも通常サイトから
   2カ月遅れ、材料仕入れにも事欠く状況
  ・消費税、社会保険料の滞納金額が合計1000万円を超え、
   滞納差押えの予告がされている
  ・売上金で固定費も賄えない状況が続き、資金繰り破綻の
   瀬戸際

上記の企業プロフィールをご覧いただくだけでも、

 これって社労士の「顧問先あるある」だよねぇ~
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということがご理解いただけるのではないでしょうか?

つまり、あなたの顧問先にもあるかもしれない状況だという
ことです。

たとえば、

 このようなケースであなたが顧問先の社長から
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「ウチの会社は大変なんだよ。どうすればいいかねぇ」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 という相談を受けたら、どうしますか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という話です。

もちろん、このような相談は社労士の専門分野ではありません
ので、具体的な対応をする必要はないのかもしれません。

相手の社長だって、何とかして欲しいと思って相談をしている
わけではないでしょう。

ですから、多くの方は、

 「それは大変ですねぇ。でも、頑張って下さい社長!」

と言って同情したり、励ましたりしてお茶を濁すのが精一杯
だと思います。

でも、このようなケースで、自分の専門分野でないにも拘わらず、

 「こういう時は、こんな風に考えた方がよいですよ」

というアドバイスができたり、

 「こんな専門家を知っていますのでご紹介しましょうか?」

ということが言えたら、とても感謝されることは確実です。

これこそが、

 良い意味で「顧客の期待を裏切る想定外のサービス」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というものです。

別の言い方をすれば、

 「えっ、そんなことまでやってくれるの!」
 「うわぁ~、やられたなぁ」

と顧客に「感動」を与えるレベルのサービスということですね。

人間というのは、自分が本当に困っている時に助けてくれた人
のことは忘れないものです。

ですから、この社長が危機を脱して業績を回復できた暁には、
必ずあなたの元に戻ってくるでしょう。

もっとも、そんなことを期待して恩を売るのもちょっと違うと
思います。

自分の損得を考えずに、顧客に貢献しようとする姿勢こそが
商売人に求められるマインドセットだからです。

ところで、この事例ですが、どのように再生することができた
のでしょうか?

気になる方は、ぜひこちらのビデオをぜひご覧下さい。

 ★企業再生セミナーPR(事例その1)
  https://youtu.be/pTejZM3JkUY

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加