このところ、新しいマーケティング手法について学んでいます。

実は、これからビジネスパーソンを対象とした新しい事業を立ち
上げることになっていますので、BtoCビジネスのやり方について
最新の情報を収集しているのです。

インターネットやSNがの普及したことによって、マーケティング
手法も大きく変化をしているのはもちろんなのですが、すべての
人たちが共通に指摘しているのは

 もはや時代が大きく変わった
 ~~~~~~~~~~~~~

ということです。

そして、多くのマーケッターが

 これからの時代のキーワードとして挙げているのが
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「共感」という言葉です。
 ~~~~~~~~~~~~

特に、SNSで拡散させる(バズらせる)ためには、多くの人たちの
「共感」を集めることがとても重要だと言われています。

たとえば、ユーチューバーやインスタグラマーと呼ばれる人たち
のやり方です。

彼らは、表面的に見ればただ面白いことをやっているだけのように
映るかもしれません。

しかし、人気のユーチューバーやインスタグラマーの言動の裏には、
必ず強い「思い」や「こだわり」が込められているようです。

そこに「共感」した人たちが、自然とフォロワーとして集まって
くる仕組みになっています。

そして、この「仕組み」というのは、従来型のマーケティング
手法(理論)では、どうしても説明ができない現象なのです。

これまでのマーケティング手法というのは、論理的、科学的、
客観的なものであり、ある種の確率論でビジネスを進めるもの
でした。

たとえば、

 セミナーに100名集客をすれば、
 ~~~~~~~~~~~~~~
 20人が無料診断に申込をしてくれて(20%の確率)、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 そのうち10名と商談をすることができて(50%の確率)、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 5名の人から契約を獲得することができる(50%の確率)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

といった感じです。

つまり、セミナーに100名集客すれば、結果として5件の契約を
獲得することができる。(5%の成約率)

だから、20件の契約が欲しければセミナーに400名集客すべき、
といった方程式(ビジネスモデル)が成り立ちました。

この方程式が出来上がれば、あとはどうやって集客をするのか?
だけを考えていればよかったわけです。

もちろん、BtoBビジネスにおいては、今でもまだこの手法が有効
だと思います。

しかし、BtoCビジネス(個人マーケット)においては、もうこの
手法は通用しなくなりつつあるようです。

それだけ、世の中や人々の「価値観」が大きく変化したという
ことです。

たとえば、ただいまご案内しているこちらのセミナーも、

 ★社労士のための企業再生セミナー(基礎編)
  http://seminar.zenshuren.net/20210809saiseikiso/

私は講師の佐藤先生のコンサル手法や考え方に「共感」をした
ので、皆さんにご紹介をしたいと思っただけです。

別にこのセミナーを開催して売上をあげようとか、バックエンド
の講座に誘導して儲けようという意図は一切ありません。

純粋に、佐藤先生を応援したい、困っている経営者がいるので
あれば何かしらのお役に立ちたい、という気持ちだけでご案内を
させていただいております。

ですから、このご案内に「共感」をして下さった方だけがご参加
をしていただければ、それで結構です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加