ただいま、

 「理想の事務所を実現するビジネスモデルの作り方」

というテーマでお届けしています。

これまで、以下2本のビデオを公開しましたが、ご覧になって
いただいているでしょうか?

 ★理想の社労士事務所を実現する方法(その1)
  https://youtu.be/aw8lfCtedU8

 ★理想の社労士事務所を実現する方法(その2)
  https://youtu.be/UHWkpB8Fsak

本日は3本目のビデオを公開させていただきます。

 ★理想の社労士事務所を実現する方法(その3)

上記のビデオでは、「言葉の定義」についてお伝えをしています。

事務所の経営や事業計画を考えるにあたっては、

 「ビジョン」「戦略」「戦術」「目標」「計画」といった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 言葉が使われますが、あなたはその言葉の意味をきちんと
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 定義できていますか?
 ~~~~~~~~~~

私たちの脳は「言葉」を使って考えますので、自分が使っている
ことばをきちんと「定義」できなくてはなりません。

言葉の定義が正しくできていないと、脳に対して正しい指令を
出すことができず、結果としてビジネスや人生がうまく行かない
ということになるのです。

その理由は、私たちは言葉によって「感情」がコントロールされ、
そして感情によって「行動」が規定されているからです。

ですから、自分が使っている言葉を正しく「定義」できなければ、
間違った行動をしてしまう可能性があるのです。

これは、脳科学的にも証明がされていることです。

そこで、上述の質問に戻ります。

 あなたは「ビジョン」「戦略」「戦術」「目標」「計画」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 という言葉を、自分なりにきちんと定義できていますか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここでのポイントは「自分なりに」ということです。

その理由は、言葉というのは人によってそれぞれ「定義」が
異なるからです。

もちろん、突き詰めて考えれば「正解」というのがあるのかも
しれません。

しかし、言葉を定義する目的はあなたの脳に正しい指令を出す
ことですから、ここでは「正解」を求めることにあまり意味は
ありません。

あくまでも、あなた自身で「こういう意味だ」とわかるように
定義できれば大丈夫です。

ちなみに、私がこれらの言葉をどのように「定義」しているか
については、こちらのビデオをご覧下さい。

 ★理想の社労士事務所を実現する方法(その3)
  https://youtu.be/zP9USeZkQiQ 

このビデオの内容を理解して、あなたご自身が実践をして、
成果を出すことができるようになれば、そのやり方はそのまま
企業のコンサルティングにも使えます。

そういう意味では、一石二鳥ですね。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加