ただいま、

 「理想の事務所を実現するビジネスモデルの作り方」

というテーマでお届けしています。

これまで、以下3本のビデオを公開しましたが、ご覧になって
いただいているでしょうか?

 ★理想の社労士事務所を実現する方法(その1)
  https://youtu.be/aw8lfCtedU8

 ★理想の社労士事務所を実現する方法(その2)
  https://youtu.be/UHWkpB8Fsak

 ★理想の社労士事務所を実現する方法(その3)

私は、理想の事務所を実現させるために一番重要なことは、
「ありたい姿」を明確にすることだと思っています。

「ありたい姿」を明確にして、あなたが本気でそうなりたい
と思えば、そのための方法は自分で考えることができる人も
多いからです。

そして、そういう人というのは誰からも指図されなくても、
自ら積極的に行動を起こすものです。

もし、あなたが今、未来に向かった何も行動ができていない
と感じていたとしたら、その原因は2つ考えられます。

 ・現状に100%満足している
 ・ありたい姿がイメージできていない

この2うのうちのどちらかでしょう。

前者であれば私がとやかく言うことではないと思いますが、
後者であるならば、ぜひ上記のビデオをご覧になってワーク
に取り組んでいただきたいのです。

繰り返しになりますが、私は理想の事務所を実現させるために
一番重要なことは、「ありたい姿」を明確にすることだと思って
いるからです。

では、「ありたい姿」さえ明確になれば、全ての人が行動を
起こせるかというと、必ずしもそうではないでしょう。

その理由は、

 「どの方向に一歩を踏み出せばよいのかわからない」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からでです。

端的に言えば、「何をすればよいのかわからない」という人が
多いということです。

この問題を解決するためは、あなたの置かれている「現在地」
を明確にする必要があります。

なぜなら、

 「ありたい姿」と「現在地」を結ぶことによって、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 進むべき方向性が見えてくる
 ~~~~~~~~~~~~~

からです。

どんなに優秀なカーナビだって、「行きたい場所」だけを設定
しても、現在地がわからなければ案内をしてくれませんからね。

では、社労士事務所の経営という視点で考えた場合、あなたの
「現在地」というのはどのように把握すればよいのでしょうか?

一番わかりやすいのは、「売上」かもしれません。

たとえば、「ありたい姿」が年商1000万円で、「現在地」の年商
が500万円だとしたら、方向性としては「年商を500万円増やす」
というになるでしょう。

もちろん、この方向性は間違いではありません。

しかし、これだけでは具体的に何をすればよいのか、という
「行動レベル」での方向性が定まりません。

 売上を増やすために、ただ闇雲に契約獲得に奔走する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 というのでは、あまりにも短絡的だと言わざるを得ません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

残念ながら、それでは「戦略的な事務所経営」はできません。

では、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

そのことについては、明日からのメルマガでお伝えすることに
しましょう。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加