ただいま、

 「理想の事務所を実現するビジネスモデルの作り方」

というテーマでお届けしています。

昨日公開をしたこちらのビデオはご覧いただきましたか?

 ★理想の社労士事務所を実現する方法(その9)
  https://youtu.be/FrHN6t4ZiOo

上記のビデオでは、

 「あなたの事務所のビジネスモデルを明確にする方法」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

についてご説明をしております。

具体的には、あなたのビジネスを以下のような「5W1H」の視点
で考えるワークを行っていただきました。

 「誰に」・・・顧客対象
 「何を」・・・商品、サービス
 「どのように(いつ、どこで)」・・・集客、販売
 「結果」・・・売上、利益

この中でも特に重要なのは、「誰に」「何を」の部分です。
これを「事務所(事業)のコンセプト(核)」といいます。

「コンセプト」が重要であるということは、以前にご紹介した
「アンゾフの成長マトリクス」でも、経営戦略を「商品」と
「顧客」の組み合わせで考えていることからもわかります。

 ★アンゾフの成長マトリクス
  https://youtu.be/HYDA4hVhoEg

極端な話、あなたの事務所コンセプトを明確にしなければ、
効果的な「集客」や「販売」の方法を見つけることはでき
ないということなのです。

もっとストレートに言うと、事務所のコンセプトが明確に
なっていないのに、「集客」や「販売」の手法(テクニック)
だけを学んでも仕方がないということ。

ですから、もし

 あなたがこれまで一生懸命に「集客」や「販売」の手法を
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 学んでいても成果が出ていないとしたら、その原因は
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 コンセプトが明確になっていないことにある
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

といっても過言ではありません。

たとえば、あなたの事務所のホームページには、トップページ
にしっかりとコンセプトが打ち出されていますか?

別の言い方をすれば、

 「誰(見込客)の」「どのような悩み」を解決できるのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

がすぐにわかるようなキャッチコピーになっていますか? 

もし、そうなっていないとしたら、それは事務所のコンセプト
が明確になっていないということです。

今からでも遅くはありませんので、しっかりとしたコンセプト
を作って、それをメッセージとして発信するようにしましょう。

そして、このコンセプトを考えるにあたって重要になるのが、
「5W1H」で言うところの「なぜ」の部分です。

 ・なぜ、あなたはその「顧客」を対象にするのか?
 ・なぜ、あなたはその「商品」を提供しているのか?
 ・なぜ、その「売上・利益」を目指す必要があるのか?
  

といったことについて、深く掘り下げて考えてみる必要が
あります。

さらに言えば、

 「なぜ、あなたは社労士として開業したのか?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というのが「究極の質問」です。

なぜなら、「真のコンセプト」というのはあなたの事務所の理念
から導き出されるものだからです。

以上のことを踏まえて、もう一度こちらのビデオをご覧になって
みて下さい。

 ★理想の社労士事務所を実現する方法(その9)
  https://youtu.be/FrHN6t4ZiOo

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加