ただいま、

 「理想の事務所を実現するビジネスモデルの作り方」

というテーマでお届けしています。

昨日公開したこちらのびではご覧になりましたか?

 ★理想の社労士事務所を実現する方法(その10)
  https://youtu.be/F06lTouwhlE

上記のビデオでは、

 あなたの事業内容を「ロジックモデル」で分析する方法
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

についてご説明をしております。

ビジネスというのは、

 「インプット」「プロセス」「アウトプット」

の3段階で考えることができます。

「インプット」とは、資源(リソース)のことです。

たとえば、製造業であれば原材料や部品などの仕入れを
行うことがインプットです。

「プロセス」というのは、企業活動のことです。

製造業であれば製造そのものですし、飲食業であれば
調理や接客がそれに該当します。

そして、「アウトプット」は企業活動によって生み出された
商品やサービスになります。

製造業であれば商品ですし、飲食業であれば料理や快適な
空間ということでしょう。

しかし、ビジネスというのはこれだけではありません。

なぜなら、その企業が存在している理由は、商品やサービス
を通じて顧客に対して「価値」を提供しているからです。

別の表現をすれば、顧客に対して「価値」を提供できている
からこそ、企業は存在しているとも言えるのです。

たとえば、自動車部品を製造している会社であれば、
その部品を提供することで自動車が作られ、それによって
人々の移動が便利になり、社会生活が豊かになることに貢献
をしている、とか。

飲食業であれば、おいしい食事と快適な空間を提供する
ことで、「特別な1日」を演出して多くの人々を幸せにする、
とかです。

もちろん、ビジネスですから適正な売上や利益をあげること
は重要です。

しかし、その前にこうした「経営理念」とも言えるものが
あるからこそ、顧客や取引先、そして社員からも支持され、
経営が成り立つのだと思います。

 では、あなたの事務所の「理念」は何でしょう?

 この機会に、あなたも「ロジックモデル」を活用して、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 顧客に対してどんな「価値」を提供しているのかについて、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 考えてみてはいかがでしょう?
 ~~~~~~~~~~~~~~

そのためにも、まずはこちらのビデオをご覧下さい。

 ★理想の社労士事務所を実現する方法(その10)
  https://youtu.be/F06lTouwhlE

いよいよ、明日は最終回のビデオをお届けしますね。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加