本日より、こちらのビデオを公開しました。

 ★ジョブ型人事制度研究会PR3 ← 本日公開!
  https://utage-system.com/p/he5ZjTkJqPgW

このビデオをご覧になると、以下の情報を入手することが
できます。

 ・人事コンサルティングの「3種の神器」とは?
 ・等級制度とは?(9等級の事例)
 ・一般層、リーダー層、管理層の役割
 ・一般的な人事制度における等級制度の問題点
 ・どんなに優秀でも40歳まで課長になれない理由
 ・これからの等級制度の考え方
 ・賃金テーブルとは?
 ・等級制度と賃金テーブルの関係 
 ・集団的労務管理から個別労務管理の時代へ
 ・DXの進展とこれからの人事制度

只今お届けしている企画は、

 「アフターコロナ時代を見据えたビジネス展開」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というテーマになっています。

私たちが携わっている人事労務管理分野に関しては問題が
山積みなのですが、その中でも私が特に優先順位が高いと
考えているのが

 ジョブ型人事制度の導入
 ~~~~~~~~~~~

なのです。

その理由は、ジョブ型人事制度を導入することによって、
以下のような複数の問題(課題)を同時に解決することが
できるからです。

 ・非正規社員の待遇改善(同一労働同一賃金への対応)
 ・70歳に向けた就業機会の確保(定年延長)
 ・多様な働き方(限定正社員、短時間正社員制度)
 ・女性の活躍推進
 ・若者の雇用促進 

もちろん、こうした法改正などへの対応もありますが、
コロナによって働き方が変わり、会社や労働者の意識や
価値観が変わったことも見逃せません。

私はここに大きなビジネスチャンスがあると考えています。

なぜなら、

 アフターコロナの「新しい時代」には、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それにふさわしい「新しい賃金・人事制度」が必要
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからです。

このような視点で考えると、これまでの賃金・人事制度には
色々と問題があったと言わざるを得ません。

いや、より正確に言えば、今まではよかったと思っていた
ことであっても、時代や環境の変化によってそれが最適では
なくなるということです。

その代表的なものが、「年功型」の制度です。

前回のビデオでは、「賃金体系」や「基本給の構造」に関する
問題点を指摘しましたが、今回は「昇格」に関する問題点に
ついてお話をさせていただきました。

 ★ジョブ型人事制度研究会PR3 ← 本日公開!
  https://utage-system.com/p/he5ZjTkJqPgW

このビデオをご覧になれば、

 人事コンサルタントがこれまで当たり前だと思って
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 設計していた人事制度が、これからは通用しなくなる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということがおわかりいただけるはずです。

いかなる制度であっても、時代や環境の変化に合わせて
柔軟に変わっていかなければなりません。

国の法律だって定期的に少しずつ改正されているのですから、
人事コンサルティングのやり方だって時代に合わせて変える
必要があるのではないでしょうか?

昨日もお伝えしました通り、私は

 一番最初に変えなければならないのは、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 人事コンサルタントの考え方
 ~~~~~~~~~~~~~

だと思っています。

具体的に何を、どのように変えるべきなのかについては、
こちらでお話をさせていただきます。

 
 ★セミナー&説明会へのお申込みはこちら
  https://peraichi.com/landing_pages/view/dij6f

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加