本日より、こちらのビデオを公開しております。

 ★ジョブ型人事制度研究会PR4 ← 本日公開!
  https://utage-system.com/p/Z5AyXY8V1Qhu

このビデオをご覧になると、以下の情報を入手することが
できます。

 
 ・評価制度が難しい理由
 ・評価制度の「3要素」とは?
 ・これまでの評価制度が属人的と言われる理由
 ・ジョブ型人事制度における評価とは?
 ・「働き方」が違えば賃金も違う!
 ・個人契約型の人事制度とは?
 ・人事評価を実施する「3つの目的」
 ・賃金を決めるための人事評価はなくなる?
 ・社員にも意識変革が求められる時代
 ・これからは福利厚生が大事になる理由
 ・人事制度の「本質」とは?

昨日のメルマガで、

 人事コンサルタントがこれまで当たり前だと思って
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 設計していた人事制度が、これからは通用しなくなる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というお話をしました。

本日公開した以下のビデオでは、その理由についてかなり
具体的にご説明しています。

 ★ジョブ型人事制度研究会PR4 ← 本日公開!
  https://utage-system.com/p/Z5AyXY8V1Qhu

人事コンサルティングの仕事をしている人にとっては、
本日のビデオははかなり衝撃的な内容だと思います。

なぜなら、

 これからの賃金決定に「人事評価」は必要ない!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という話をしているからです。

これまでの賃金・人事制度といえば、

 どのような基準で評価をして、
 ~~~~~~~~~~~~~~
 どのように賃金を決定するのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~

というのが最大の関心事でしたし、人事コンサルタントの
「飯のタネ」も評価制度の設計や運用指導でした。

会社にしてみても、

 「人事制度の中でも評価制度は特に重要なもの」
 「人事評価を適正に行うのは難しい」

という先入観がありましたので、人事コンサルタントに
お金を払って頼まなければなりませんでした。

しかし、私はこれからの賃金・人事制度においては、

 賃金を決めるための人事評価は必要ない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言っているのです。

つまり、

 人事評価をしなくても賃金を決めることができる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということ。

これはかなり画期的なことではないでしょうか?

そして、そのような制度を導入するコンサルティングが
できるのであれば、中小企業からは引っ張りダコになる
ことは間違いありません。

だって、ホンネを言わせてもらえば、人が人を評価する
以上、誰もが納得するような人事評価をすることなんて
不可能ですからね。

ちなみに、ここで言っている「人事評価」というのは、
「能力評価」や「執務態度評価」といった属人的な要素
での評価のことであり、「業績評価」については除いて
考えて下さい。

ジョブ型の人事制度になった場合でも、「業績評価」は
行う必要がありますので、誤解のないようにお願いします。

また、より正確に言えば、これからの人事制度においても
「能力評価」や「執務態度評価」をしなくてもというわけ
ではありません。

なぜなら、能力や執務態度というのは、「賃金」を決定
するための評価項目としては活用しなくなりますが、
「配置」や「教育」をするためには必要だからです。

しかし、中小企業が人事制度を導入する一番の理由は、
賃金を決めるためですから、

 「人事評価がいらない賃金制度」

というのは、経営者に対してはかなり響く「セールストーク」
になるものと確信しています。

あなたも私たちと一緒に、中小企業経営者に対してジョブ型
賃金制度の提案をしませんか?

 
 ★セミナー&説明会へのお申込みはこちら
  https://peraichi.com/landing_pages/view/dij6f

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加