最近、「TikTok」を始めました。
アカウントはこちらですので、ぜひフォローをお願いします。

 ★萩原京二のTikToのアカウント
  hagibox0816
 

TikTokのアカウントを持っていない人でも、こちらのページで
動画の視聴はできますので、ぜひご覧になって下さい。

 ★最近の投稿
  https://vt.tiktok.com/ZSJoAx6wC/

 
ちなみに、私のアカウントをフォローをしていただければ、
過去に投稿した動画もすべてご覧いただくことができます。

でも、先日始めたばかりですので、まだ15本程度の動画しか
投稿されていませんけど。

これから毎日、少しずつ地道に投稿を続けて行きますので、
ぜひ応援をしていただければ嬉しいです。(シェア大歓迎)

このメルマガをご覧いただいている方はご存知の通り、
私は毎日コツコツ継続するのはワリと得意ですからね。

さて、私がTikTokを始めた理由はいくつかあるのですが、
最大の理由は

 
 20代、30代の若い世代に、
 ~~~~~~~~~~~~
 これからの働き方について真剣に考えてもらいたい
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

そのためには、若者が使っているメディア(SNS)で情報を
発信するのが一番だと考えたのです。

しかし、やっぱり新しいメディアというのは難しい(涙)。
投稿をバズらせるためには、「何か」が足りないのです。

毎日、試行錯誤をしながら、色々と試しているのですが、
今のところその「何か」が掴めていません。

もちろん、BtoC向けの情報発信ということもあるのですが、
私がこれまで学んできたマーケティング手法が全然使えない
ことも大きな原因だと思っています。

というか、今までとは「真逆の発想」をしなければならない
感じです。

私が学んできたDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)
というのは、ニッチ市場でピンポイントのニーズに対して
働きかけるマーケティング手法です。

もっと言えば、問題点を指摘して、それを煽ってニード喚起
をして、最後に解決策を提示するというやり方。

顧客の悩みが深刻で緊急性が高いほど、商品やセミナーが
販売やすくなりますので、自然とその流れに沿って情報の
発信をすることになります。

別の言い方をすると、どうしても「説明型」の情報発信に
なってしまうのです。

しかし、SNSで求められている情報は説明型ではありません。

シェアされる投稿というのは、「面白い」とか「役に立つ」
といったものが中心になります。

しかも、TikTokの場合には、基本的には1分以内の短い動画
でメッセージを発信しなければなりません。

これがメチャクチャ難しい。
でも、そこがまた楽しい!

年末までは「毎日1動画投稿」を自分に課していますので、
成果が出るようになったら報告をさせていただきますね。

ぜひ、応援をよろしくお願いします!

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加