ただいま公開しているこちらのオンライン講座では、

 
 ★中小企業向けSDGsコンサルタント
  無料オンライン講座
  https://semeru-shigyo.com/sdgs2-5

SDGsビジネスの「最新情報」を入手することができます。

昨日は、

 「SDGsの必要性を感じていない社長にニード喚起をする方法」

についてお伝えをしました。

結論としては、無料オンライン講座にご登録をして下さい(笑)
ということでしたが、ちょっとだけネタばらしをすると、

 SDGsに取り組まないと事業を継続することが難しくなる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを経営者に伝えるということ。

具体的には、「ISO」や「Pマーク」などの認証取得を事例に
使います。

現実問題として、大手企業の下請け、孫請けとして仕事をして
いる会社は、品質管理や個人情報管理をきちんと行っている
ことを証明するために「ISO」や「Pマーク」を取得しないと、
取引をしてもらえません。

私たちは、これと同じようなことがSDGsでも再現されると
考えています。

つまり、「ISO」や「Pマーク」の時のようなブームがやって
くると睨んでいるのです。

しかし、SDGsには「ISO」や「Pマーク」のような認証機関が
ありません。

だから、

 自社がSDGsに取り組んでいることを、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 どのように証明すればよいのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで悩んでいる会社も多いのです。

そういえば、一昨日の新聞には、

 横浜銀行が全取引先を対象に、
 ~~~~~~~~~~~~~~
 SDGsの達成状況を評価するサービスを開始する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という記事が掲載されていました。

この記事なんか、今の状況をよく表していると思います。

銀行としても、今後は担保や保証への依存を減らして、
「事業性評価」を行わなければなりません。

財務の視点はもちろん重要ですが、現在は非財務情報の
重要性が高まってきており、SDGsへの取り組み状況や
その達成度合いを評価する必要があると考えているのです。

将来的には、評価に基づいて貸し出し条件に差をつける
融資商品の開発も行うようですね。

話を戻しますと、このような話を社長にすることで、

 中小企業でもSDGsに取り組まないと
 ~~~~~~~~~~~~~~~~
 将来的に大変なことになるかもしれませんよ!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを伝えるのです。

そうすれば、社長の方から、

 ウチの会社は、何をすればいいの?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

という質問が自然と出るようになります。

でも、そうなった時に具体的な提案をすることができ
なければ、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

だからこそ、今からSDGsコンサルティングのやり方を
学んでおく必要があるのではないでしょうか?

そのためのセミナー&説明会がこちらです。

 ★オンラインセミナー&説明会
  https://semeru-shigyo.com/sdgs2-seminar-6

 日時:10月25日(月)13:00~15:00(第1回)
    10月26日(火)10:00~12:00(第2回)

 会場:Zoom会議室(別途ご案内)

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加