ただいま、盟友であった松崎先生の追悼企画として、
松崎先生との思い出や松崎先生から教えていただいたこと
などについてお話をさせていただいております。

昨日は、松崎先生が助成金ビジネスの後に手掛けていらした
「是正勧告ビジネス」についてお伝えをしました。

 ★是正勧告対策協議会(2003年設立)
  http://www.zeseikankoku.com/

繰り返しになりますが、私はこのビジネスモデルは本当に
素晴らしと思っているのです。

なぜ、このビジネスが素晴らしいのかというと、

 ネット上で「今すぐ客」を集めることができる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からです。

しかも、労基署から期限を切られて是正報告を求められて
いますので、中小企業の経営者にとっては

 「緊急度」はもちろん「重要度」も非常に高い問題
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということになります。

ですから、この問題を解決することができれば、経営者から
絶大な信頼を得ることができますし、今後同じようなことが
起きないように顧問契約をお願いされることも多いのです。

また、労基署トラブルを適切に、かつ迅速に対応をしたこと
によって、社長からは「この社労士は頼りになる先生だ」と
思われていますので、色々な相談を受けるようになります。

もちろん、一番多いのは「リストラ」や「解雇」の相談です。
いわゆる「労働法務」の分野ですね。

松崎先生は元々、タクシー会社の総務部門で勤務をされて、
組合対応などもされていましたので、そうした対応にも
慣れていたということもあったのかもしれません。

このようにして松崎先生は

 「是正勧告対応」をフロントエンド商品にして、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 バックエンドで「労働法務顧問契約」を獲得する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という新しいビジネスモデルを確立されたのです。

それだけではありません。

「労働法務」という商品をいかに高額で販売するのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というノウハウ(セールストーク)まで編み出されています。

松崎先生の販売ノウハウをビデオで解説にしたのがこちら。

 ★社労士との顧問契約で確認しておきべきポイント
  https://vimeo.com/593081098/2045640f8f

上記のビデオの3分47秒からが、松崎先生が編み出したセールス
トークになっています。

以上のような経緯があって、

 松崎先生と私で労働法務アドバイザー協会を立ち上げ、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その中のプロジェクトとして是正勧告対策協議会を運営
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

していたのです。

 ★労働法務アドバイザー協会
  https://www.roudou-adviser.com/index.html

 ★是正勧告対策協議会(2003年設立)
  http://www.zeseikankoku.com/

この労働法務アドバイザー協会ならびに是正勧告対策協議会を
設立して、その活動を全国に広めることは松崎先生の悲願でも
ありました。

だから、松崎先生の遺志を受けて、協会ならびに協議会の運営
については、今後も私の方で責任を持って引き継ぐ所存です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加