これまで、盟友であった松崎先生の追悼企画として、
松崎先生との思い出や松崎先生から教えていただいたこと
などについてお話をさせていただきました。

おそらく、社労士業界の中では私が一番長く、そして深く
お付き合いをさせていただいていたのではないかと思って
おりますので、本メルマガの誌面をお借りしてこのような
企画を掲載されていただきましたことをご容赦下さい。

本日が最終回として、松崎先生のご家族からのメッセージを
ご紹介させていただきます。

==============================

「お疲れ様でした。今まで本当にありがとう」

社会保険労務士となり仕事に向き合い続けること幾年月
夫は仕事一筋にこの人生を駆け抜けてきました

士業仲間の皆様と切磋琢磨し先頭に立って事務所の舵を
取り 脇目も降らずに働いていた様子が目に浮かびます

きっと日本一のスプリンターとして活躍していた学生
時代に培われた粘り強さなのでしょう

六年前に病が分かってからも仕事への情熱は衰えず
つらい身体に鞭を打って気丈に振る舞い・・・

弱音を一つ口にしませんでしたから本当に頭が下がります

正確な仕事ぶりと真面目で誠実な人柄を周りの人にも
信頼されていたようで 別れを迎えた今皆様からの
メッセージを見て胸を打たれました

分かれは残念ですが 全力で仕事に打ち込み 多くの
ご縁に恵まれた人生をどんな思いで振り返っているの
でしょう

頑張っていた分向こうではゆっくりと休みつつ見守って
いて欲しい・・・
そう願ってやみません

夫 松崎 直己 は 令和三年十月十二日 満五十歳
にて生涯をとじました

生前心通わせ 支えって下さった皆様へ 深く感謝を
申し上げます

==============================

本当に素敵なご家族からのメッセージですね。

なお、松崎先生と一緒に運営をして参りました

 ・助成金受給環境整備アドバイザー協会
 ・労働法務アドバイザー協会

につきましては、私が責任を持って継続をさせていただきます。

松崎先生、本当にお疲れ様でした。
どうぞ安らかにお眠り下さい。合掌。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加