本メルマガでもお伝えをしましたが、9月中旬からTikTokの投稿
を始めました。

開始から1ヶ月半が経ち、ようやくフォロワーが1000人を
超えました。

わずか1ヵ月半とはいえ、ほぼ毎日1~2投稿を続け、これまでに
79本の投稿をしてきました。(それなりに大変でした 笑)

しかし、「いいね!」を総数は約7700個いただいておりましたが、
フォロワーがなかなか増えませんでした。

その理由は、私の投稿内容は仕組みやルールの解説をするもの
が多いので、「好き」とか「嫌い」、あるいは「面白い」と
いった人々の感情に訴えることができていないからです。

だから、(内容は役立つので)再生回数はそれなりにあるものの、
ファンがつき難いのです。

また、私はこれまでブログやインスタ、FBなどのSNSを活用して
個人向けに情報発信をするということをほとんどやってきません
でしたので、ベースとなるフォロワーがゼロだとというハンデも
あります。

そういう意味では、

 SNS初心者の58歳のオッサンが、
 ~~~~~~~~~~~~~~
 はじめてTikTokでの情報発信をして、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~
 1ヵ月半でフォロワーを1000人獲得した!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というのは、かなり画期的なことではないかと思います。

 
ちなみに、私のこれまでの79投稿の内訳は以下の通りです。

 <トップ3>
  1位 429,300回
  2位 202,600回
  3位 58,100回

 <4位以下の内訳>
  4~5万回:1本
  3~4万回:4本
  2~3万回:5本
  1~2万回:13本

  9000~1万回:0本
  8~9000回:1本
  7~8000回:0本
  6~7000回:2本
  5~6000回:1本
  4~5000回:0本
  3~4000回:3本
  2~3000回:10本
  1~2000回:17本

  1000回以下:19本

最近では、ほぼすべての投稿が1000回以上再生され、
3回に1回程度は1万回以上再生されるようになりました。

これって、かなり凄いことだと思いませんか?
(しかも無料ですからね)

YoutubeとTikTokでは再生のアルゴリズムがまったく違い
ますので、一概に比較はできませんが、再生回数にしても、
フォロワー数にしても、TikTokの破壊力というのは凄まじい
ものがありますね。

ところで、なぜ私がこのような話をしているのかというと、

 「SNSをやってフォロワーを増やしましょう!」
 「あなたもTikTokをやった方がいいですよ!」

ということを言いたいわけではありません。

そうではなく

 時代の流れ(トレンド)に敏感になるべきだ!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということをお伝えしたいのです。

情報発信のツールや方法というのは日進月歩で変化しています
ので、その流れを理解しておく必要があるということです。

たとえば、若い世代にメッセージを発信しようとするのであれば、
今はLINEやTwitter、インスタなどが主流となり、Facebookを
使っているのは40代以上のオジサン、オバサンばかりです。

そして、情報発信の方法も文章から音声、写真から動画へと
変化しています。

もはや、長い文章は読まれなくなる傾向になりましたので、
インターネットでビジネスをするのであれば、情報発信を動画
で行うことは必須です。

また、動画の情報発信はこれまではYoutubeの独壇場でしたが、
そこに短編動画というスタイルでTikTokが殴り込みをかけて、
今や市場を席巻しています。

それを受けて、Youtubeも「Youtube Shorts」という短編動画
専用のプラットフォームを作るようになりました。

間違いなく、この1~2年で短編動画のムーブメントがやって
くると確信しています。

そのチャンスを逃さないためにも、今からTikTokに投稿をして、
短編動画の練習&リサーチをしているのです。

とにかく、今の若者は文章は読みません。
だから、動画での情報発信が必要なのです。

そのうち、就業規則も動画で解説する時代になると思いますよ。

顧客の就業規則を動画で解説をして、社員がクラウド上で見れる
ようにする。そういう商品も作れますね。

うん、これは絶対に売れる!

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加