土曜日に「中小企業の人事部長養成講座」の定例ミーティング
があり、今後の社労士ビジネスのあり方についてメンバーの
皆さんとディスカッションをしました。

本メルマガで以下のサービスをご紹介したことで、

 ★まるごと人事
  https://beglobal.co.jp/

 ★なんでも人事
  https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2111/08/news103.html

ほとんどのメンバーから、「魅せ方が大事」「報酬設定を
見直す必要がある」という意見が聞かれました。

もちろん、私がこの2つのサービスをご紹介したのは、

 同じようなサービスを提供していたとしても、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 顧客に対する「価値」の魅せ方を変えることによって
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「価格」はまったく違うものになる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

ということをお伝えするためです。

たとえば、私たち社労士が

 ・ハローワークへの求人
 ・採用面接への同席
 ・入社時の労働条件の説明

など、募集・採用に関するサービスを提供して、実際に
良い社員が採用できたとしても、顧問料の範囲内で済ま
されてしまうケースは多いでしょう。

あるいは、「採用コンサルティング」というサービスを
提供したとしても、せいぜい5~10万円程度の報酬しか
請求できていないはずです。

でも、社労士ではない一般の事業会社がサービスを提供
する場合には、月額35万円とか15万円といった価格設定
になるわけです。

もちろん、顧客対象をきちんと絞り込んでいることや、
きめ細かいサービスを提供しているという部分はあり
ますが、私たち社労士との違いはその「魅せ方」です。

面倒な作業をすべてパッケージ化して代行し、

 「御社がすることは面接と合否判定だけ」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

としている点が素晴らしいのです。

また、

 作業内容の対価としての料金設定ではなく、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その作業をする社員を雇った場合のコストや
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 リスクと比較している
 ~~~~~~~~~~

というのも秀逸ですね。

これと同じようなことが、社労士の顧問契約にも
言えると思います。

たとえば、上記のサービスを参考にして、

 私たち社労士も
 ~~~~~~~~ 
 「まるごと労務管理」「なんでも労務管理」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 というサービスを提供してはどうでしょう?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つまり、顧問契約を

 「手続業務のアウトソーシング」ではなく、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「外部の総務人事部長」という魅せ方に変える
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

実際に、給与計算と手続業務、労務相談などをセット
にして顧問サービスを提供している事務所は多いと
思います。

社員20名以下の小規模な会社であれば、これはもう
総務人事部長の役割を果たしている状態だと言っても
よいでしょう。

採用代行サービスが月額35万円とか15万円であるのなら、
「外部の総務人事部長サービス」にはそれと同じ位の、
いやそれ以上の価値があると私は考えています。

しかし、現実はどうでしょう?

最大の問題は、私たち社労士の側にその「自覚」や
「覚悟」がないことです。

はっきり言ってしまえば、

 高額な報酬を請求することが怖い
 ~~~~~~~~~~~~~~~

という人が多いのではないでしょうか?

つまり、月額10万円、20万円といった高額の顧問料を
もらってしまうと大きな責任が生じてしまうので、
3万円程度の報酬にしておいてリスクを回避しようと
しているのではないかということ。

もちろん、それもひとつの考え方ですから、そのことに
ついて私がとやかく言うことではありません。

しかし、もしあなたが

 「もっと売上を増やしたい」
 「事務所を成長発展させたい」
 
と思っているのであれば、

 高額報酬を請求することへの恐怖を克服する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

必要があります。

本当に難しいのは、ビジネスモデルの転換を図るよりも、
マインドセットを変えることではないかと思っています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加