これから、12月12日(日)に開催する

 『社労士のためのビジネスモデル変革セミナー』

のご案内ビデオを収録しようと思っています。

このセミナーで私がお伝えすることは、

 すべての社労士業務を顧客視点で再設計する方法
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

になります。

顧問契約はもちろん、私は以下のサービスについても

 ・助成金
 ・就業規則
 ・給与計算
 ・手続業務
 ・採用支援
 ・労務相談
 ・賃金コンサル
 ・人事コンサル
 ・働き方改革コンサル
 ・労基署調査対応
 ・労働トラブル対応
 ・社員研修

 
「価値提供」という視点から見直しをする必要があると
思っています。

なぜ、そんなことをする必要があるのかというと、

 「価値提供」を高めて、報酬単価をアップさせ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 これから先もずっと社労士事務所として生き残るため
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
です。

そのためにも、皆さんに「ビジネスモデル」の設計方法
についてお伝えをする必要があると考えたのです。

具体的には、

 ビジネスモデルキャンバス(BMC)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

というフォーマットを活用します。

ビジネスモデルキャンバスとは、提供価値や顧客、チャネル、
コスト、収益などの9つの項目から、ビジネスモデルをまとめる
ために使うフレームワークです。

自社の新規事業のビジネスの開発、既存のビジネスの見直し、
競合分析などのために使えます。

詳しい内容については、ネットで検索してみて下さい。

BMCについて解説するセミナーや、フォーマットの使い方を
教えてくれる講座などは数多く開催されていますが、

 社労士向けに特化して、
 ~~~~~~~~~~~
 ビジネスモデルキャンバスを活用した
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 新たなサービスの開発方法を教える講座
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というのはありません。

ですから、このセミナーは私にしかご提供できない内容だと
自負しております。

なお、今回のセミナーは「入門編」として、助成金ビジネスを
題材にしてビジネスモデルキャンバスの使い方についてお伝え
しますが、今後は他の社労士業務についても新しいビジネス
モデルを考える研究会を立ち上げようと思っています。

今回のセミナーの最後に、

 社労士ビジネスモデル研究会(仮称)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

のご案内もさせていただく予定です。

ちなみに、この研究会のご案内をさせていただくのは、
12月12日のセミナー参加者のみとなりますので、予め
ご了承下さい。

それでは、月曜日のご案内をお楽しみに!

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加