ただいま、以下のセミナーのご案内をしております。

 ★社労士事務所のビジネスモデル変革セミナー
  https://youtu.be/tfJ5OCIOrr0

 ★お申込みはこちら
  http://seminar.zenshuren.net/20211212businessmodel/

このセミナーでは、「ビジネスモデルキャンバス(BMC)」を
使って社労士事務所の新たな商品・サービスを開発する方法に
ついてお伝えします。

「新しい商品・サービスを開発する」ためには、新しいアイデア
を考えなければなりませんが、このような話をすると、

 自分にはアイデアを発想する力がない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

と思い込んで、思考がストップしてしまう人がいます。

しかし、そんなことは決してありません。
アイデアというのは、誰にでも出すことができます。

なぜなら、アイデア出すための「正しいやり方」というのが
あるからです。

別の言い方をすると、アイデアが浮かばないという人は、

 「アイデア発想をするための正しいやり方」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を知らないだけなのです。

実は、私は企業研修講師として、「創造力開発セミナー」を
担当していたことがあり、そこで「アイデア発想技法」に
ついて教えていたことがあります。

また、ビジュアル発想技法の「マインドマップ」のインスト
ラクターとして、講座を開催していたこともあります。

そういう意味では、私はアイデア発想技法のプロと言っても
よいかもしれません。

そんな私から、アイデアを出すために重要なポイントを
お伝えするなら、

 何に対してアイデアを出すのかを明確にする
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。 

つまり、ただ漠然と「何か良いアイデアはないかなぁ?」と
考えていてもダメだということ。

たとえば、新しいビジネスモデルを考える場合でも、

 ・もっと他の「顧客対象」を考えられないか?
 ・もっと他の「価値」を提供できないか?
 ・もっと他の「販売チャネル」はないのか?

といった具合に、アイデアを出す対象を明確にするという
ことです。

もうおわかりですね。

新しい商品・サービスの開発するために「ビジネスモデル
キャンバス」使う理由はここにあります。

つまり、「ビジネスモデルキャンバス」を使うことによって、
テンプレートに沿ってアイデア発想行うことができるように
なるのです。

もちろん、それでもアイデアをどうやって出すのかという
技法を学んでいただく必要はありますけど・・・。

それについては、こちらのセミナーでお伝えしたいと思います。

 ★社労士事務所のビジネスモデル変革セミナー
  https://youtu.be/tfJ5OCIOrr0

 ★お申込みはこちら
  http://seminar.zenshuren.net/20211212businessmodel/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加