今年は、私にとって「新たなチャレンジの年」になります。

これからの10年を自分のビジネス人生の集大成と位置づけて、
次の世代に引き継げるような「コンテンツ」として残したい
と考えています。

実は、これは昨年から考えていたことであり、すでに大きな
枠組みは完成しています。

ですから、それを具体的なカタチに落とし込みことが今年の
目標になります。

以前からお話をしているように、私はこれからの社労士の
ビジネスを「2つの軸」で考えています。

それは、「実務系」と「経営系」です。

実務系というのは、文字通り社労士の実務をどんどん深堀り
していく方向性でのビジネス展開です。

こちらは「給与計算」をベースにして、就業規則や労務管理、
賃金制度・人事制度、働き方改革、問題社員への対応などを、
オプション契約として付加することで、高額な顧問契約へと
つなげて行きます。

最終的なゴールは、中小企業における外部の人事部長として
「機能」を提供するビジネスモデルになります。

私はこのサービスを「EX人事部」と命名しています。
(EX人事部は(株)全就連の商標登録です)

そして、経営系は「経営者の相談相手」のポジションを
獲得するという戦略です。

こちらのビジネスは、経営方針や経営戦略の見直しや事業
計画の策定などの支援を行いながら、それを実現するための
組織戦略や人事戦略などについてのアドバイスを行う仕事
です。

最終的には、事業承継や相続の支援も行う「エクゼクティブ
コーチ」を目指します。

このような構想は以前よりお話をしておりましたが、
今年はいよいよそれを具体的なコンテンツとして完成させる
1年にしたいと考えております。

そこで、まずは3月までに以下の講座を開催します。

 <実務系>
  ・労働契約エージェント養成講座
  ・中小企業の人事部長養成講座(労務管理コース)
  ・中小企業の人事部長養成講座(人事企画コース)
  ・人事データ活用コンサルティング講座

 <経営系>
  ・社長の年金アドバイザー養成講座
  ・社長の年金コンサルタント養成講座(改定版)
  ・社長の退職金、事業承継講座
  ・ミニマム法人活用アドバイザー養成講座

その他にも、

 「シン助成金ビジネス実践会」
 「ハラスメント対策コンサルタント養成講座」
 「SDGsコンサルタント養成講座(ベーシックコース)」

などのご案内も予定しております。

これらの講座をすべて3月末までに開催をしますので、
かなり忙しくなりますね(笑)。

各講座の詳しい内容につきましては、これからビデオを
収録してご案内をさせていただきますので、ぜひ楽しみ
にしていて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加