昨年12月に「シン助成金ビジネス実践会」のセミナー&説明会
を開催して、2月からスタートする実践会の先行案内をさせて
いただきました。

事前登録制のセミナーでしたので、残念ながら内容のすべてを
公開することはできませんが、部分的に編集したビデオを公開
させていただきます。

本日はその「第1弾」です。

今回のセミナーの目玉は、私たちが導入した

 「助成金診断システム」の機能をご紹介
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

することでした。

まずは、こちらのビデオをご覧下さい。

 ★助成金診断システムのご紹介(その1)
  https://youtu.be/iBXM3ownUBs

 上記のビデオをご覧をいただきますと、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 シン助成金ビジネス実践会にご入会されると、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 どのような顧客開拓ツールが利用できるように
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 なるのかがイメージできると思います。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このシステムが素晴らしいのは、簡単な質問項目に回答
するだけで、自社でいくら位の助成金が受給できるのかが、
その場ですぐにわかることです。

これまでも、「助成金アンケート」のような営業ツール
はありました。

ただ、これまでは顧客からの回答結果を入手して、
それを診断ソフトに入力をしてレポートを作成して、
その後に顧客に提案をするという方法でした。

しかし、顧客がアンケートに回答してから助成金の提案を
するまでに時間が空いてしまうので、そのタイムラグに
よって顧客の興味関心が薄れてしまうという問題があった
のです。

それを解決したのが、上記のシステムです。

しかも、どのような助成金が受給できそうなのかという
内容についても、その場で確認できるようになっています。

つまり、顧客にしてみれば、

 「あなたの会社では〇〇万円の助成金を受給できる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  可能性がありますが、興味ありませんか?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と提案されているのと同じ心理効果があるのです。

それだけではありません。

 助成金以外にどのようなサービスに興味があるのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という診断項目もありますので、ここに社労士として提案
したいサービスを入れ込むことができるのです。

たとえば、

 ・賃金制度、人事制度の見直しをしたい
 ・法改正に対応するためにハラスメント対策を実施したい
 ・SDGsへの対応を検討したい
 ・人材の確保、定着に悩んでいる
 ・社会保険料などの経費削減を実施したい

といった項目を独自に設定することも可能です。

別の言い方をすれば、

 助成金診断を行ってもらった会社に対して、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 助成金以外のサービスの提案をすることができる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということなのです。

つまり、このシステムは、

 助成金をフロントエンド商品にした見込客集客ツール
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

としても活用できるということ。

ちなみに、このシステムをあなたが独自に契約をしようと
すると、年間100万円以上の費用が必要になります。

しかし、

 シン助成金ビジネス実践会にご入会をいただくと、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 このシステムを無料でご利用いただくことができる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のです。

実際にこのシステムを活用して、事務機器の販売会社や
税理士事務所と共同セミナーを開催して、見込客開拓に
取り組もうとしているメンバーもいます。

さて、あなたならこのシステムをどのように活用しますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加