ただいま、こちらのご案内をしております。

 ★シン助成金ビジネス実践会のご案内(1月23日まで)
  http://seminar.zenshuren.net/20220101shinjoeikin/

また、「助成金の最新情報だけ欲しい」という方については、
こちらの制度もあります。

 ★助成金情報会員制度
  https://qedde.hp.peraichi.com

情報会員制度のサービスについて、以下のビデオを公開させて
いただきました。

 ★助成金情報会員ビデオ(2022年1月号)ダイジェスト版
  https://youtu.be/rpKHyJFiIsA

実は、情報会員の皆さんには上記のビデオの他にもう1本、
「助成金最新ニュース」に関するビデオをお届けしております。

本日は、そちらのダイジェスト版を公開します。

 
 ★助成金ニュース(2022年1月号)ダイジェスト版
  https://youtu.be/xpl1aQqB6n4

こちらのフルバージョンは、24分7秒となっています。

つまり、情報会員になっていただきますと、毎月以下のような
2本のビデオ(合計約2時間)が届くことになります。

 <2022年1月号の場合> 

 ・助成金実務ビデオ(1時間36分59秒)
 ・助成金最新ニュース(24分7秒)

毎月これだけの情報をあなたが自分で収集しようとしたら、
いったいどれ程の時間がかかるでしょうか?

もちろん、自分でもできるかもしれませんが、それは

 大いなる時間のムダ
 ~~~~~~~~~

であると言わざるを得ません。

特に、専門性の高い(マニアック)な領域の情報収集に
関しては、それが得意な人に任せてしまう方が合理的です。

それと、

 「自分は助成金ビジネスには興味がない」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という方にひと言だけお伝えしておきたいことがあります。

言葉を選ばずにストレートに言わせていただくのであれば、

 あなたが助成金に興味があろうが、なかろうが、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 そんなことは関係ない!
 ~~~~~~~~~~~
 顧客(顧問先や見込客)は助成金の情報を求めている
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 のだから、助成金の情報を届けるべきである
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

もちろん、助成金の情報を届けることと、顧客が助成金の
活用(申請)をするかどうかは別問題です。

しかし、

 あなたが顧問先に助成金の情報を届けないと
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「ウチの社労士は助成金の情報を届けてくれない」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 という不満要因となり、それが顧問契約を解除される
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 リスクとなる可能性が高くなる
 ~~~~~~~~~~~~~~

のです。

つまり、

 社労士にとっての助成金ビジネスというのは、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 リスクを回避するために提供しなければならない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 サービスのひとつであると認識すべき
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということなのです。

繰り返しになりますが、あなたの事務所で助成金の申請
業務をやる必要はないかもしれませんが、少なくても

 顧客から問合せを受けた際には、
 ~~~~~~~~~~~~~~
 きちんと説明ができる程度に、
 ~~~~~~~~~~~~~~
 最新の助成金の内容を理解しておく必要がある
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

助成金の情報提供を怠ってしまったために、顧問契約が
解除されるリスクを回避するためにも、ぜひ情報会員に
なられることをお勧めします。

毎月送られてくるビデオを観ておくだけでも、何となく
今どのような助成金があるのかを理解できますからね。

 ★助成金情報会員制度
  https://qedde.hp.peraichi.com

さらに一歩進んで、助成金情報を有料で届け出るコンテンツ
販売ビジネスに取り組みたいという方には、こちらの実践会
をご用意しております。

 ★シン助成金ビジネス実践会のご案内(1月23日まで)
  http://seminar.zenshuren.net/20220101shinjoeikin/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加